menu
menu
menu
menu
ModuleApps

オムニチャネル戦略やO2O事例を読み解く専門メディアモバイルマーケティング研究所

「Googleで支払います」とレジで言うだけで決済できるHands Freeが開始

 Post by MML編集部

Googleは、新しい決済サービス「Hands Free」のテスト運用を開始すると発表されました。口頭で「Googleで支払います」というだけで決済できるサービス。具体的にはどのような流れで行われるのでしょうか?

handsfree

言葉だけで決済できるサービス

Hands Freeは、スマホもお財布も、またはクレジットカードも持たずに手ぶらで決済ができる新しいサービスです。今までのようにレジの店員にスマホを渡してPOS端末でバーコードを読み込んだり、バッグから財布を探したり、財布からお金を出す必要はありません。

Hands Freeがどのようなサービスなのか、現在動画で紹介されています。今回、動画の内容を画像で紹介します。

ドライブスルーの場合、財布を出すのに手間取ってしまったり、

handsfree01

家族連れの買い物では、子供から手を離せないのですぐに財布を取り出すのが難しいものです。

handsfree02

今回登場した「Hands Free」は、バッグにスマホを入れておいて、

handsfree03

レジの店員に「Googleで支払います(I’ll pay with Google)」と伝えます。

handsfree04

レジ端末はワイヤレスで相手を認識し、対象のアカウントが表示されます。

handsfree05

購入金額を確認後、終了ボタン(Done)を押します。

handsfree06

ワイヤレスでスマホにデジタル領収書が届き、あとは商品を受け取るだけでOKです。

handsfree07

Googleのアカウント情報やカード情報、送信情報など一連の決済情報はすべてセキュリティ管理しています。何かあればスマホへ通知が届くようになっています。

handsfree08

HandsFree専用のアプリがAndroidiOSで公開されています。決済の時、スマホとレジとの通信はBluetooth LE、Wi-Fi経由で行われるので、常にONにしていくことは必要です。また、顔パスを行うため、Googleアカウントに自分の顔写真を設定する必要があります。

また、現在、アメリカのサンフランシスコ州サウスベイ地区にあるマクドナルドやパパジョンズなど一部の店舗でテスト導入が行われ、アプリ上から参加店舗を検索できます。現在、初回決済時に5ドル(約560円)の割引サービスが実施されるそうです。500円の割引はかなりお得ですね。