販促や集客、ブランディング戦略を読み解く専門メディアモバイルマーケティング研究所

個人でアプリ制作・アプリ開発する費用はいくらかかるの?

 Post by MML編集部

アプリストアを開くと魅力的なゲームアプリがあったり、よく立ち寄っている店舗アプリがあったりと、世の中では当たり前のようにアプリを提供しています。自分でもアプリを出したいけれど、それでも有名企業が提供するような大規模アプリを構築するわけでもなくて、小さくて簡単なアプリが作りたい。個人でアプリ開発する費用はどれくらいなのかまとめました。

個人でアプリ開発する費用

iPhoneアプリとAndroidアプリ

アプリには概ねAppleが提供するiPhoneのアプリと、Googleが提供するAndroidアプリの2つが存在します。実のところiPhoneアプリとAndroidアプリはアプリストアも、開発言語も、作り方も全く違います。まずはどちらから作るのか考えておく必要はあると思います。

それでも自分が使っているスマートフォンはどちらなのか、そこに合わせて作ったほうが良さそうだと思います。なぜならアプリを作ったときどうやってテストを行うのか。それは自分が使っているスマートフォンだとすぐにテストが行なえますよね。そういった意味で自分のスマートフォンにインストールできるアプリのほうが自然かもしれません。

少しわかりにくところがありますが、必要になることなので情報を整理します。iPhone端末はiOSというオペレーションシステム(OS)で動いています。iOSで動くアプリのことをiOSアプリといいます。つまりiPhoeアプリとはiOSアプリとも言います。Androidの場合は、Android OSで動いており、こちらはそのままAndroidアプリといいます。

個人で開発するために揃えるもの

個人で開発するためにまずは何を揃えたら良いのでしょうか。それはプログラミングをするパソコンと、テスト確認できるスマートフォンが必要です。パソコンはWindowsとMacintosh(Mac)がありますが、iPhoneアプリもAndroidアプリも開発したい場合、Macのほうがどちらも開発できるのでおすすめです。

スマートフォンは自分が使っているもの以外のものであれば必要ですが、そこまで考えていなければ不要だと思います。対象のアプリの開発言語がわからず習得から始めたい方は書籍の購入や専門学校へ行く方法があります。料金の相場はこちらになります。

  • パソコン(Mac):相場 10〜25万円
  • スマートフォン(中古iPhone):相場 5〜10万円
  • スマートフォン(中古Android):相場 5〜8万円
  • 書籍:1冊3,000円前後
  • 専門学校;15〜50万円前後
    ※モバイルマーケティング研究所調べ

そのほか、開発が完了したアプリはアプリストアにリリースするため、AppStore、Google Playというアプリストアに登録する必要があります。登録費用はAppStoreが毎年99ドル、Google Playは25ドルのみ必要です。

  • AppStore(99ドル=約11800円/年間)
  • Google Play(25ドル=約3000円)

登録する際は以下URLをご覧ください。

アプリを作る前にチェックすること

インターフェースを学ぶ

せっかくアプリを作るのですから、ユーザーが使いやすいアプリを作ったほうが喜ばれますよね。その時はどうしたら良いのでしょうか。AppleやGoogleではユーザーインターフェースのガイドラインを公開しています。レイアウトの概要から効果的なナビゲーション、ポップアップメッセージの概要など、タメになる情報が書かれていますのでご覧ください。

https://developer.apple.com/design/human-interface-guidelines/ios/overview/themes/

https://developer.android.com/guide/topics/ui?hl=ja

審査ガイドラインを読む

AppStoreの場合、iOSアプリを欲b難公開する前にAppleのアプリ審査が入ります。このアプリは安全性が担保されているのか、ソフトウェアの要件を満たしているのかなどを審査します。Androidアプリは事前審査がありませんが同様に審査しているそうです。安心・安全なアプリを提供できるよう、公開前に読んでおくことをおすすめします。

https://developer.apple.com/jp/app-store/review/guidelines/

https://play.google.com/about/developer-content-policy/?hl=ja

https://developer.android.com/distribute/best-practices/launch/launch-checklist?hl=ja

このように個人でアプリ開発をする場合は、パソコンなどの機器を揃え、プログラム言語を勉強し、自分の好きなアプリを開発するという手順となります。アプリ開発サービス「ModuleApps2.0」は個人のアプリ開発は受付ていませんが、法人企業でアプリ開発にご興味のある方はお気軽にご連絡ください。