menu
menu
menu
menu
ModuleApps

オムニチャネル戦略やO2O事例を読み解く専門メディアモバイルマーケティング研究所

Twitter、撮影した写真がデコれる「ステッカー機能」を公開

 Post by MML編集部

Twitterは、iOS版とAndroid版のアプリで新たにスタンプ機能を活用した「ステッカー機能」をリリースすると発表されました。Twittwerでは多くの写真が投稿されていますが、写真をよりクリエイティブで楽しいものにするためご利用いただける機能です。

twitter-stickers

ステッカー機能の使い方

ステッカー機能は、写真をより楽しくするため、おなじみの表情絵文字系から植物や季節もの、帽子やメガネなどのアクセサリーなど、数百あるステッカーがご利用できるようになります。

まずは、ステッカーを貼りたい写真を撮影します。そのあとTwitterの画面下にある「顔アイコン」をタップします。

twitter-stickers01

一覧の中から欲しいステッカーを選択します。

twitter-stickers02

選択するとアイコンが表示されるので、大きさや向きを調整し、

twitter-stickers03

ツイートボタンを押します。

twitter-stickers04

ステッカー機能は今後数週間のうちに順次提供される予定です。早くもステッカー機能が反映された方はさまざまなパターンで利用されています。詳細は以下URLよりご確認ください。

https://twitter.com/i/stickers/10641