オムニチャネル戦略やO2O事例を読み解く専門メディアモバイルマーケティング研究所

知人や面白ネタなど、検索する場合どのサービスを使うか?Fastask調べ

 Post by MML編集部

ジャストシステムは、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して、スマートフォンを所有する10~50代の男女409名を対象に「スマートフォンでの検索に関する調査結果」を発表されました。

res-searchingmedia-m

友達検索はFacebookで、有名人検索はGoogleで検索

「興味のある人物を検索する場合、あなたが最もよく利用するサービス」について尋ねたところ、「自分の知っているプライベート上の知人や友達」を検索する場合はFacebookが多く38.4%、「興味のある芸人やタレント」を検索する場合はGoogleが多く36.2%などとなりました。

res-searchingmedia01

好きな企業やブランド、店舗はGoogleで検索

「興味のあるブランドを検索する場合、あなたが最もよく利用するサービス」について尋ねたところ、「自分が好きな企業やブランド」を検索する場合はGoogleが多く53.1%、「自分が好きな店舗やサロン」を検索する場合はGoogleが多く56.2%となりました。

res-searchingmedia02

解決方法はGoogleで、暇つぶしネタはTwitterで検索

「知識や解決方法を検索する場合、あなたが最もよく利用するサービス」について尋ねたところ、「課題に対する解決方法」を検索する場合はGoogleが多く60.9%、「ひまつぶしになるようなネタ」を検索する場合はTwitterが多く31.1%となりました。

res-searchingmedia03

検索後よくフォローするサービスは?

「Facebook、Twitter、Instagramのサービスで情報を検索した後の行動について、あなたの状況にあてはまるもの」について尋ねたところ、「フォローすることが多い」サービスはInstagramが多く44.3%、「シェア・拡散することが多い」サービスはTwitterが多く29.1%、「購買の参考することが多い」サービスはTwitterが多く24.0%となりました。

res-searchingmedia04

ほかにも興味深い調査結果が出ていますので、気になった方はアクセスしてみてください。