menu
menu
menu
menu
ModuleApps

オムニチャネル戦略やO2O事例を読み解く専門メディアモバイルマーケティング研究所

若年層はコミュニケーションの一部としてニュースを取得。LINE調べ

 Post by MML編集部

LINEは、全国の13~69歳のスマートフォン(iPhone/Android)を所有するユーザー1,682名に対し、「ニュースサービスの利用に関する意識調査」を実施されました。

res-news-lifestyle

ニュース閲覧時のデバイスはスマホとテレビがトップ

「ニュース閲覧時、使用する媒体やデバイス」について尋ねたところ、スマートフォン84%、テレビ61%と、すべての年代で利用率が高く、各年代の利用率に大きな差が見られない結果となりました。

このことからLINEは、「この2つのデバイスが、現在のニュース閲覧媒体/デバイスの主役となっていると言える」と述べました。

res-news-lifestyle01

一方、パソコンや新聞は、年代が若くなるほど利用率が下がる傾向がみられ、世代間で大きく差が開いています。

ニュースサービスとしてLINEが10代で首位

「スマートフォンで使用するニュースサービス」について質問したところ、全体では「Yahoo!」が49%、「LINE」が23%、「LINE以外のSNS系」15%となりました。年代別では、「LINE」は10代で首位、20~50代で2位となりました。

res-news-lifestyle02

res-news-lifestyle03

効率的にニュースを読みたい姿も

「ニュースに対する考え方」について質問したところ、全体で「シンプルで短いニュースがいい」が35%、「ニュースを見ること自体が楽しい」が33%、「厳選されたニュースを気軽に読みたい」が25%と、効率的にニュースを読みたい姿が垣間見えました。

res-news-lifestyle04

ミドル層はニュースを探し、10代60代は異なる手法でニュースを収集

「ニュースに対する考え方」について年代ごとに比較すると「ニュースを見ること自体が楽しい」と「自分でニュースを見に行くより定期的に配信されるほうが楽だ」について10ポイント前後の大きな差が見られました。

30代、40代のミドル層は、自らに必要なニュースを積極的に探し、楽しみながら閲覧している一方、10代と60代は、それぞれ異なる手法を用いながらも興味のある分野に特化したニュースを効率よく閲覧しているとLINEは推測しています。

res-news-lifestyle05

今回の調査結果より導き出されたもの

LINEは今回の調査結果から、年代ごとに以下のような特徴があると述べました。

20代以下の若年層は、「LINEを含むSNSやまとめ系サイトなどからニュースを取得している傾向が強く、インターネット上の多様な情報の中から、自身に関係性の高い情報・ニュースをコミュニケーションの一部として取得している」

30代~40代のミドル層は、「仕事やプライベートで多忙な方が多く、スマートフォンやテレビ、パソコンなど多様なデバイスを使って必要なニュースを積極的に探し、取得する傾向が強い」

50代以上の層は、「新聞やテレビ、ポータル型ニュースサイトなど従来型のニュースサービスを数多く利用し、多様なニュースを閲覧している」

LINEは今後、スマートフォンに特化したサービスの広がりや、スマホネイティブ層が拡大していくにつれて、現在若年層で主流となっているコミュニケーション型のニュース取得スタイルが広がっていくものと推測されています。