menu
menu
menu
menu
ModuleApps

オムニチャネル戦略やO2O事例を読み解く専門メディアモバイルマーケティング研究所

ECサイト、9割が「送料」を気にする。対応策でやった事とは?Fastask調べ

 Post by MML編集部

ジャストシステムは、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して、20代~50代の男女670名を対象に「ネットショッピング実態調査【支払い/送料編】」を行いました。

res-ecpayment

ECサイトで買い物をする頻度は?

「あなたがECサイトで買い物をする頻度」について質問したところ、最も多かったのは「1か月に1回以上」で35.6%、次いで「2週間に1回以上」が17.5%、「2か月に1回以上」が12.6%となりました。

res-ecpayment01

9割が「送料を気にする」

「あなたはECサイトで買い物をするとき、送料がかかるかどうか気にしますか」と質問しました。最も多かったのは「とても気にする」が66.1%、次いで「やや気にする」が24.6%となりました。気にする割合で言うと合計で90.7%と、9割の人が送料についてネックになると考えています。

res-ecpayment02

送料無料の年会費サービス利用意向は?

「あなたは、年会費を支払うことで、送料無料などのさまざまな特典が受けられるサービスを利用したいと思いますか」について質問しました。

最も多かったのは「年会費がかかるなら、あまり利用したいとは思わない」で34.7%、次いで「年会費がかかるなら、利用しない」が27.3%となりました。「利用しない」傾向にある人は合計で62.0%と、6割の人が利用しない傾向にあるようです。

res-ecpayment03

送料についてやったことがあることは?

「あなたが、ECサイトの送料について思うことや、実際にやったことがあること」について質問しました。「その傾向が強い」と回答した中で最も多かったものは、「送料や販売価格、ポイント等を合算し、最もお得なショップを探す」で37.5%、次いで「送料無料になるよう、予定外の商品もあわせて購入する」が16.7%、「送料がかかる場合は、買い物を取りやめる」が16.1%となりました。

「送料や販売価格を合算し、最もお得なショップを探す」ことについて「傾向が高い」と回答した人の割合は合計で79.8%と、8割近い人が合算した価格で調べている傾向がありました。

また、「送料がかかる場合は買い物をやめる」傾向のある人は合計で50.6%と半数の人が送料のために購入を断念しているそうです。

res-ecpayment04

ほかにも興味深い調査結果が出ていますので、気になった方はアクセスしてみてください。