JINS、メガネをかけた横顔まで再現できる試着アプリを公開

 Post by MML編集部
大手メガネブランドのJINSは2016年3月、スマートフォンを活用したバーチャルメガネサービス「JINS VIRTUAL-FIT」を開始しました。店舗に来店しなくてもアプリ上から2000種類以上のJINSのメガネを自由に試着できる画期的なアプリです。

まるでメガネをかけているかのような試着アプリ

JINS VIRTUAL-FITは、新開発の顔認識エンジンを搭載した専用アプリ「JINS VIRTUAL-FIT CAMERA」で顔動画を撮影すると、指で左右に振り向かせることができるバーチャルな顔写真が生成され、好きなメガネをかけることができるサービスです。 使い方は専用アプリをインストールし、顔写真を撮影すると、自分の顔で試着することができます。JINS VIRTUAL-FIT CAMERAは、iOS 8以上、iPhone 5以上に対応し、Android版は4月末より提供開始予定です。 では実際、どのように使うのか利用方法を見ていきましょう。

使い方をレビュー

JINS VIRTUAL-FITアプリを起動します。 まずは、ご自身の顔動画を登録します。スマホを遠ざけたまま正面を見て、そこから右を向いてください。 するとアプリ上の動画が顔の形を認識していきます。 右を向いたら正面に戻り、そのまま左を向きます。 すると、顔動画の解析が完了し、バーチャルのメガネをかけたご自身の顔が表示されます。 続いて、パスワードを入力して送信ボタンを押します。 すると、顔画像の下にいくつかメガネが揃っています。そこからお好みのメガネを選択します。 顔画像にメガネを試着した姿が表示されます。 続いて、顔画像をゆっくり横にフリックすると、メガネをかけた顔が横を向きます。メガネをかけた横顔はどう映るのか確認ができるわけです。 気に入ったメガネを見つけたら、画面下の「カートに入れる」ボタンをタップして決済に進むことができます。 動きを連続してみたい方は動画をご覧ください。 https://www.youtube.com/watch?v=HDCXNJZSP00 いかがでしょうか。気になったらご利用ください。