オムニチャネル戦略やO2O事例を読み解く専門メディアモバイルマーケティング研究所

アプリ市場は去年と比べ24%増加。2020年成長する分野は?App Annie調べ

 Post by MML編集部

現在公開されているアプリはあらゆる業界から参入しております。ゲームやメディア企業はもとより、銀行、小売業、航空会社、行政機関などからアプリをリリースするようになりました。2020年、アプリ市場はどう成長し、そしてどこへ向かうのでしょうか?

App Annieは、2015年から2020年までの5年間、世界のアプリ市場に関する市場予測をまとめた「モバイルアプリ市場予測レポート」を発表しました。

appmarket2020

今年は24%成長、2020年は1,000億ドル突破

2015年、世界のアプリ市場の収益はアプリ市場は411億ドルでしたが、2016年は24%成長し510億ドルを突破する見込みです。2020年には1,000億ドルを上回ると予想されます。

この成長の背景には多くの成熟市場における堅調な成長と、新興市場の急成長があります。特に、アジア太平洋地域におけるアプリ収益は、中国市場の成長に牽引されるかたちで、2020年までの5年間で2.5倍に成長し、575億ドルに達すると予測しています。

appmarket2020-1

今後、非ゲーム系アプリがシェアを増していく

カテゴリー別の収益では依然としてゲームカテゴリーの割合が大きく、2015年には全アプリストア収益の85%を占めました。収益規模の内訳は、ゲーム系アプリは348億ドルに対し、非ゲーム系は63億ドルとなっています。

2020年に入ると、ゲーム系アプリの収益規模は746億ドルと、5年前と比べ約2倍以上に増加する見込みです。一方、非ゲーム系アプリは264億ドルと予想され、5年前と比べ約4倍に増加する見込みとなっています。

App Annieの発表では、全世界のAndroidスマートフォンにおけるアプリの利用時間は2014年から2015年の1年間で63%増加しており、特に「メディア&動画」アプリでは93%利用時間が増加したほか、「交通」と「ショッピング」アプリでそれぞれ123%と160%と大きな増加が見られました。

このことから、Eコマースや広告といったアプリストアの外側での収益も大きく成長していることが推測されます。

appmarket2020-2

ほかにも興味深い調査結果が出ていますので、気になった方はアクセスしてみてください。