オムニチャネル戦略やO2O事例を読み解く専門メディアモバイルマーケティング研究所

最も印象に残ったSNS投稿は「旅行写真」。撮影時に工夫した方法は?Fastask調べ

 Post by MML編集部

8月11日からのお盆連休をきっかけに故郷へ帰省する旅行者が増加し、「キャンプ」や「温泉巡り」「ショッピング」「テーマパーク」などに行かれてSNSに写真投稿する方も多くなります。

ジャストシステムは、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して、20~34歳の男女1,091名を対象に「SNS写真投稿に関する調査」を発表しました。

9339res-m

写真投稿しているSNSは?

「あなたが直近1年間で、写真を投稿したことがあるSNS」について尋ねました。最も多かったのは「LINEトーク/グループトーク」で47.2%、次いで「Twitter」が40.2%、「Facebook」が38.3%となりました。

9339res01

印象に残ったSNS投稿写真は?

「あなたが直近1ヶ月以内に、一般の人がSNSに投稿した写真を見て、印象に残った物やシーンはありますか?」と尋ねました。

最も多かったのは「旅行」で37.2%、次いで「料理・スイーツ」が34.2%、「趣味(スポーツシーン/ダンスシーン/ホビー作品など)」が29.0%となりました。

9339res02

素敵だと思ったSNS投稿写真は?

「あなたは、一般の人がSNSに投稿した写真のなかで、どのように“撮影“された写真が素敵だと思いますか?」と尋ねました。

最も多かったのは「美しい色合いになるよう、意識された写真」で46.8%、次いで「青空、雲、樹木など、自然をうまく取り入れた写真」が45.4%、「映り込む背景にまで、意識された写真」が39.1%となりました。

9339res03

SNS投稿で「目に留まる」旅行写真は?

「あなたは、一般の人がSNSに投稿した『旅行』の写真のうち、 どのようなものに目が留まりますか?」と尋ねました。

最も多かったのは「きれいな景色」で87.1%、次いで「おいしそうな食べ物や飲み物」が73.5%、「話題性や人気がある観光地」が66.2%となりました。

9339res04

旅行写真で「SNS映え」させた工夫とは?

「あなたは、『旅行』の写真が“SNS映え”するよう工夫したことはありますか?」と尋ねました。

最も多かったのは「景色も自分自身も、ともに引き立つファッションを心がけた」で53.5%、次いで「フォトスポットが一番きれいに写る時間帯や天気を狙って、行動した」が50.9%、「現地ならではの食べ物を積極的に食べて、撮影した」が47.4%となりました。

9339res05

SNS投稿で「目に留まる」アウトドア写真は?

「あなたは、一般の人がSNSに投稿した『キャンプ・グランピング』『バーベキュー・ピクニック』の写真のうち、どのようなものに目が留まりますか?」と尋ねました。

最も多かったのは「おいしそうな料理や飲み物」で79.7%、次いで「きれいな景色」が74.5%、「豪華な食材」が57.5%となりました。

9339res06

アウトドア写真で「SNS映え」させた工夫とは?

「あなたは、『キャンプ・グランピング』『バーベキュー・ピクニック』の写真が“SNS映え”するように、工夫したことはありますか?」と尋ねました。

最も多かったのは「骨付き肉や大きな魚介など、インパクトのある食材を調達した」で69.0%、次いで「写真の色合いを考えて、食材や食器、シートなどを用意した」が66.2%、「オシャレと思われるファッションを心がけた」が62.0%となりました。

9339res07

SNSに写真投稿する理由とは?

「あなたがSNSに写真を投稿している理由」について尋ねました。最も多かったのは「既知の人に、写真で近況を報告したいから」で46.4%、次いで「自身のアルバム代わりになるから」が43.5%、「一緒に撮影した人に、写真を共有したいから」が39.0%となりました。

9339res08

ほかにも興味深い調査結果が出ていますので、気になった方はアクセスしてみてください。