オムニチャネル戦略やO2O事例を読み解く専門メディアモバイルマーケティング研究所

ネットで見れる!ファイナリストに選ばれたキャンペーン企画書13選

 Post by MML編集部

さまざまな新商品やサービスのキャンペーンを行うにあたって、どのような企画書を作ればよいか悩まれている方もいるのではないでしょうか? 今回、株式会社宣伝会議が主催する「販促会議 企画コンペティション」でファイナリストに選ばれた2013年2014年の企画書を厳選してまとめました。

201404_plan

キーコーヒー

企業からの課題:ドリップ オンの魅力を伝え、シェアNo.1を獲得するための企画

企画書:「DRIPON+MUSIC」

インスタントコーヒーを飲む時間に楽しめる楽曲がダウンロードできるサービス企画。

グリコ乳業

企業からの課題:”小腹満たしコーヒー”ドロリッチを、消費者の生活に浸透させるための企画

企画書:「差し入れJOSHI」

小腹を満たせるコーヒー「ドロリッチ」を残業タイムの差し入れとして使って、商品イメージを定着させる企画。

コーセー

企業からの課題:「アスタブラン リフトセンセ―ション」を試してみたいと思ってもらえるような企画

企画書:「あなたの5年後を変えよう」

エイジングケアについてなかなか実行できない女子へ向けて、過去と未来の顔が見られる鏡を用意し、エイジングケアの必要性を訴える企画。

西友

企業からの課題:普段、コンビニでお弁当やお惣菜を購入している人が、西友で買いたくなる企画

企画書:「勝手にしーる貼れ」

節約意識の高い現代、西友まで足が伸びないユーザーに割引シールを配布して来店促進を図る企画。

第一三共ヘルスケア

企業からの課題:「マキロン」ブランドの、20代の認知・使用を向上させる企画

企画書:「マキレット」

20代がマキロンを使用する機会を向上させるため、3人に1人が悩んでいる病気「痔」に焦点を当てた企画。

大丸松坂屋百貨店(1)

企業からの課題:商品、サービス・イベント、IT技術を組み合わせた、 新しい時代の百貨店らしい「おもてなし」のアイデア・企画

企画書:「スマホでつくるオリジナル包み紙」

スマホに入っている写真をコラージュしてオリジナル包み紙を作成する企画。

大丸松坂屋百貨店(2)

企業からの課題:百貨店から、アクティブ・シニア層にアプローチする企画・アイデア

企画書:「ナンポ?割」

健康を意識したアクティブシニアを意識して、百貨店の中を歩いて長く楽しむと歩数に応じたクーポンが獲得できる「ナンポ?割」企画。

日清食品

企業からの課題:発売32周年をむかえる、チリトマトヌードルを一度食べてみたくなるような企画

企画書:「ホットな恋にチリトマト」

チリトマトヌードル=「青春の恋」味をキーワードに、カップ麺のラベルにメッセージを書き込んでお湯を注ぐと見えなかったメッセージが表示される企画。

日本経済新聞

企業からの課題:紙の日本経済新聞と日経電子版を組み合わせた、新しい使い方を提案する企画

企画書:「かぞくのための日経セット『オヤコネクト』」

新聞をよく読む父親が赤いペンで新聞紙に何かを書きこむと、日経電子版を見ている息子のアプリ画面に同じイメージが表示されるハートフルな企画。

吉野家

企業からの課題:誰もが「吉野家の牛丼を食べたい」という衝動にかられる企画

企画書:「伝言丼」

吉野家の牛丼写真がうつった付箋紙を作成して会社に配ると、それを見た人が牛丼の味を思い出して店舗に行ってしまう来店促進企画。

ワコム

企業からの課題:パソコンとペンタブレットを使った、新しい楽しみ方の提案

企画書:「Digital Portrait Painter」

等身大モニターを媒体に東京と海外をリアルタイムに接続。海外に住む画家を選択し、東京に置いてある等身大モニターの前へ座ると画家がタブレットで似顔絵を描いて届けてくれる企画。

ドミノ・ピザ ジャパン

企業からの課題:ドミノ・ピザのネット注文数を増やすアイデア

企画書:「自宅配達員」

注文にエンターテイメント性を持たせるために、頼んだピザを自分で自宅に配達するだけで「アルバイト代(クーポン)」がもらえる企画。

三井石油

企業からの課題:三井のガソリンスタンドをもっと知ってもらい、「来店のきっかけ」となる企画

企画書:「ガソリンタンクカード」

「今日はガソリン料金安いけど、満タンだから購入できない」という悩みにこたえて、ガソリン料金が安いときはガソリンを前払いで買ったことにし、給油が必要になったら以前購入した分を入れてもらうデポジットカード企画。

いかがでしたでしょうか。どれも「こんな発想はなかった」と言える企画書ばかりでしたね。これらのアイデアを参考に、今後の企画書作りに活かしてみてはいかがでしょうか。