menu
menu
menu
menu
ModuleApps

オムニチャネル戦略やO2O事例を読み解く専門メディアモバイルマーケティング研究所

面倒な領収書の手入力ともおさらば!話題の経費精算アプリまとめ

 Post by MML編集部

会社の清算日が近くなると忙しさのあまり経費精算に追われてしまう、領収書の手入力がめんどくさいと思う方も多いのではないでしょうか。今回は、忙しい時にも便利な経費精算アプリをまとめました。

20150330

アプリからExcelに出力できる「Staple」

クラウドキャストが公開した「Staple(ステイプル)」は、個人のビジネスユーザーをターゲットにした経費精算アプリ。外出時の移動時間を利用して、交通費や文具用品購入代金といった経費データをアプリから入力してExcelに出力できる点がメリットです。

アプリから「支払先」や「金額」「支払方法」「日付」「仕訳勘定のカテゴリ」などの項目を入力するだけのシンプルさが魅力。メモや領収書の写真も添付できるので「そういえば領収書になんて書いてあったかな」と記憶をたどることができるのも便利です。

2015033001

また、アプリ上からデータをメール送信することも可能なので、上司へ申告する場合などにも活用できます。なお、個人利用の場合は無料ですが、組織やチームで利用する場合は別途月額料金が必要です。

家計簿としても使える「マネトラ」

ミロク情報サービスが提供する「マネトラ」は、家計簿・経費精算統合アプリ。ビジネスユーザー向けの経費精算機能のほか、プライベートでも家計簿として使用できる点が特徴です。あらかじめ収入金額と予算設定の金額を入力しておき、経費が発生したらレシートや領収書をスマホのカメラで撮影すると合計金額や日付、支払方法などの項目が自動入力されます。

2015033002

入力したデータは随時蓄積され、後からデータを確認したい場合は「分析」タブを押すと収入と費用の状況がグラフィックで確認できるので、使いすぎなどの防止にも役立ちそうです。入力したデータはパソコンからCSV形式で出力でき、確定申告として利用できるのもメリットでしょう。

他サービスとの連携が便利な「ReceReco」

会計ソフトも経費精算用アプリを提供していいます。ブレインパッドの「ReceReco(レシレコ)」は、レシートのデータ化から分析、記録までを共有できる家計簿支出管理アプリ。購入した商品のレシートをスマホのカメラで撮影すると日付や商品名、金額などが自動入力され、データの内訳をグラフで確認できるほか、CSV形式で出力してメール送信することも可能です。

2015033003

また、チラシアプリ「Shufoo!」や、レシピサービスの「Eレシピ」、クラウド会計ソフトの「freee」といった、他のサービスとの連携機能も充実しています。freeeとの連携では決算書、請求書作成支援も利用可能なので、本格的な会計ツールとしても活用できそうです。

弥生会計ユーザーには嬉しい「biznote for 弥生会計」

有料アプリでは、「biznote for 弥生オンライン」もあります。アプリから交通費、消耗品、接待交際費などのデータを入力できる点は他のアプリと同様ですが、会計ソフトの弥生シリーズとデータ連携が可能なので、弥生を使っているユーザーにとっては非常に便利でしょう。

また、オフラインで使用したり、項目をカスタマイズしたりといったことも可能です。このアプリは、弥生スマートフォンアプリコンテストでグランプリを受賞した作品。今後、さらなる展開も期待できそうです。

2015033004

いかがでしょうか。経費計算アプリを使えば煩雑な経費計算の効率化が可能です。限られた時間を有効に活用するためにぜひ活用してみてください。