menu
menu
menu
menu
ModuleApps

オムニチャネル戦略やO2O事例を読み解く専門メディアモバイルマーケティング研究所

少額予算で自社の電子マネーが発行できる「Squareギフトカード」

 Post by MML編集部

モバイル決済サービスを展開するスクエアは3月23日、中小店舗向けのプリペイド発行サービス「Square ギフトカード」の提供を開始すると発表しました。このサービスの概要と今後の方向性についてまとめました。

20150326

Square ギフトカードとは?

Squareギフトカードは発行された対象店舗でのみ利用できるプリペイドカードサービス。決済方法はSquareの管理画面で決済額を入力し、Squareリーダーに通すと決済されます。また、利用者は店舗でギフトカードに入金をお願いする場合、例えば「2,000円分の入金で2,200円分利用できる」といったポイント付与機能もあります。

カードの発行は管理画面上で行うことができ、必要なカード枚数を入力するだけでカードを発行することができます。初期費用や月額料金はかかりませんが発行時の料金は未定。先行しているアメリカでは 1枚1.5ドルで発行しているため、日本でもそのような価格で申し込みすることが可能であると予想されます。

2015032701

カードのデザインも変更できます。テンプレートのデザインであれば発行までに1~2週間、オリジナルであれば発行までに2~3週間かかります。また、アメリカでは最低発行数500枚の条件がありますが、日本では未定です。

対象店舗は東京都と神奈川県の以下12店舗で試験導入を実施されます。

■東京都

■神奈川県

今回試験導入の状況を見て、順次全国へ展開する予定です。
また、スクエアはコーヒーに宿るストーリーを味わえる特集サイト「Love Your Coffee」を開設し、各店舗のメッセージを掲載しています。

2015032702

手軽な金額で導入可能

今までもプリペイド発行サービスは存在していました。しかし、従来のプリペイドカードを導入するためには、初期開発だけで50~100万円かかり、その他月額利用料や支払金額に応じた手数料も発生するため、いざ導入するためには大規模な費用や期間が必要でした。

Squareギフトカードを導入した場合、アメリカの料金と枚数で計算すると、1.5ドル×50枚=750ドル(約89,000円)となるので、中小店舗には手軽に導入しやすくなりますね。

今度の取り組みに期待感も

会見の中で、Squareの掛谷悟史氏は「Square ギフトカードはその第1弾となる取り組み。店舗は低コストで新装開店の広告ツールや、新製品のクーポン、ノベルティなどでオリジナルのギフトカードを作れるようになる。また、財布を持ち歩くことが難しいフェスや、海水浴、山登りなどでのイベント共通券としても使える」と述べました。

また、Squareギフトカードの第2弾も検討しており、「米国では来店するとポイントが貯まるパンチカードプログラムや、来店頻度が落ちている顧客にクーポンコードを送るといったプロモーション機能を提供しており、日本でもこういった施策を展開していきたい」と述べました。

今後ますます目が離せないSquareですが、気になった方は今後の動きに注目されてみてはいかがでしょうか。