menu
menu
menu
menu
ModuleApps

オムニチャネル戦略やO2O事例を読み解く専門メディアモバイルマーケティング研究所

会員カード機能がますます便利に。東急ハンズ公式アプリ

 Post by MML編集部

株式会社東急ハンズは2014年11月、全国の東急ハンズで利用できる公式アプリを公開しました。これは全国の東急ハンズハンズビーのブランドのほか、オンラインショップでも使うことができ、さまざまな機能を持ったO2Oアプリです。
2015010601
今回はこのアプリの特徴とメリット、さらに会員カード機能アプリの動向をご紹介します。

ポイントカードをデジタル化して、いつでも利用可能に

このアプリ注目ポイントとしてまず挙げられることは、東急ハンズのポイントカードである「ハンズクラブカード」をアプリから利用できるようにした点です。

2015010502

ポイントカードのユーザーでも、常にカードを持ち歩いているとは限りません。たまたま立ち寄った店舗で買い物をしたものの、カードを持っていなかった……といった状況はよくあること。

そんな時でも、アプリを利用すればポイントを貯めることが可能で、貯まったポイントは通常のハンズクラブカードと同様に商品購入時の割引に利用したり、オリジナルグッズと交換したりできます。

各店舗の在庫もアプリから確認できる

また、このアプリには、商品の在庫管理機能も用意されています。アプリの店舗情報から商品を選択して「店舗在庫を見る」ボタンを押すと在庫数が表示され、店舗を訪れる前に目的の商品があるかどうかを知ることができます。

2015010602

商品詳細画面にはネット店舗の在庫も表示されるので、最寄りの店舗にない場合にはそのままネット通販からでも購入が可能です。

キャンペーン情報もアプリに届く

さらに、クーポンやキャンペーンなどの情報はプッシュ通知で配信されるため、ユーザーはお得な情報を逃すことなく利用することができます。

2015010604

東急ハンズ公式アプリに限らず、アプリに会員カードを導入する事例は増えています。

同様のサービスを実施している例としては、ロードサービスのJAFや、レンタルビデオのゲオが挙げられるでしょう。また、ModuleAppsでお手伝いさせていただいた「お、ねだん以上。ニトリ」でおなじみのニトリも、ニトリメンバーズという会員向けカードを公式アプリの中に入れています。

アプリからニトリメンバーズにログインすると、現在のポイント数とともにバーコードが表示され、店舗のレジでそのバーコードを読み込めばポイントが貯まる仕組み。キャンペーンの開始時にはプッシュ通知も行っています。