販促や集客、ブランディング戦略を読み解く専門メディアモバイルマーケティング研究所

わずか数年で増加!ジュエリー・宝飾品業界の公式アプリ事例

 Post by MML編集部

インバウンド需要の影響下、ここ数年でジュエリー・宝飾品業界の公式アプリが登場しています。業界の市場規模やお客さまの購買傾向を振り返りながら、どのようなアプリが登場しているのか説明します。

2018年の市場規模は9,567億円

矢野経済研究所が発表した「宝飾品(ジュエリー)市場に関する調査(2019年)」によると、2018年の国内宝飾品(ジュエリー)小売市場規模は、前年比101.0%の9,567億円と、引き続き微増ながらもプラス成長を維持しています。

国内宝飾品小売市場規模。矢野経済研究所調べ

デザイン優先、自分へのご褒美などで購入

貴金属の老舗 GINZA TANAKAが発表した「ジュエリー・貴金属工芸品の消費実態 一般意識調査」によると、ジュエリーについての考え方について聞いたところ、最も多かったのは「デザインを優先して選ぶ」で53%、次いで「気軽に身につけられるものが欲しい」が50%、「1つはしっかりしたものを手元に置いておきたい」が46%となりました。

GINZA TANAKA:ジュエリーについての考え方について

5年以内にジュエリー・貴金属工芸品を購入した人の世帯年収を調査したところ、貴金属工芸品の購入経験者は全体の約半数(49%)が世帯年収700万円未満で、高所得者に限らず全体的に購入されていました。

一方、ブライダルジュエリー購入者は、全体の約半数(48%)が世帯年収500万円未満で、結婚を意識し始める若年層など、比較的年収の低い層がブライダルジュエリーを購入しているそうです。

GINZA TANAKA:5年以内にジュエリー・貴金属を購入した人の対象者属性

5年以内にブライダルジュエリーを除くジュエリー・貴金属工芸品を購入した人に購入のきっかけを聞いたところ、いずれの購入者も「自分へのご褒美」が最も高い結果(30~40%)になりました。次いで「家族/友人/知人への贈り物・プレゼントを買いたかった」が多く(16~28%)、特に女性用ジュエリー購入者(28%)が突出しました。

GINZA TANAKA:5年以内にブライダルジュエリーを除く、ジュエリー軌金属工芸品を購入した際の購入のきっかけ

以上のように、デザインや品質を重視してジュエリー・貴金属工芸品を購入されるお客様は多いようです。つまり、その情報は店舗内に限らず、店舗へ来る前から情報収集して、どの商品がマッチしているのか比較・検討しているユーザー行動が見て取れます。

ジュエリー・宝飾品の公式アプリ一覧

スマートフォンの普及率の高まりから、ここ数年、ジュエリー・宝飾品の公式アプリが登場しています。以下、その一覧となります。

国別 会社名 アプリ名称
日本 As-meエステール ACCESSORIES BLOSSOM
日本 As-meエステール BLOOMジュエリー
日本 エフ・ディ・シィ・プロダクツ 4℃/ヨンドシー
日本 ミキモト ミキモト ブライダル
海外 Swarovski AG Jewellery for Swarovski
海外 Van Cleef & Arpels VCA Time Nature Love
海外 Van Cleef & Arpels BLOOMwithVCA
海外 Chaumet Enlight by Chaumet
海外 DE BEERS De Beers Group Engage
海外 DE BEERS De Beers Group Events
海外 Chopard ChopTrack

この中から、特徴的な機能についてピックアップしていきます。

カタログ機能、商品お気に入り

ジュエリー・宝飾品アプリ:ミキモト

商品のデザインや形にこだわるお客様も多く、多くのアプリでカタログ機能を提供されています。ミキモトアプリでは、トップ画面に表示された商品カテゴリをタップすると、円弧に並んだ商品一覧を掲載、ハートマークをタップするとお気に入りに登録できます。来店の際、参考写真として利用できます。

オンラインショップ、在庫確認

ジュエリー・宝飾品アプリ:スワロフスキー

お客様が来店しなくても気軽に商品が購入できるよう、オンラインショップを提供されてるアプリも多いです。その他、来店目的のお客様に在庫確認機能を提供しています。スワロフスキーでは、対象商品を選択後、店頭在庫をチェックをタップし、検索条件を入力すると、対象店舗の在庫状況が表示されます。

AR機能を活用した、試着アプリ

ジュエリー・宝飾品アプリ:AR機能

ジュエリー・宝飾品アプリの中にはなかった機能ですが、今後提供されるものと期待しています。それは試着機能です。商品選択後、カメラを起動すると、対象の場所に商品を重ね合わせることができるAR機能です。

  • 対象アプリ: Ar Jewellery、mirrAR、AR Jewelry app など

これからアプリ開発を依頼する企業におかれましても、当記事が開発方針を検討する参考になれば幸いに思います。