販促や集客、ブランディング戦略を読み解く専門メディアモバイルマーケティング研究所

JR東日本の駅ナカ飲食店、セルフ決済端末「O:der Kiosk」を導入。レジ無人化の「未来型店舗」へ進化する狙いとは

 Post by MML編集部

ジェイアール東日本フードビジネスは2019年9月4日、R・ベッカーズ池袋東口店に、Showcase Gigが提供する次世代セルフ注文決済端末「O:der Kiosk(オーダーキオスク)」を初めて導入した。同店舗ではこれまで、モバイルオーダーサービス「O:der」を導入しており、今回の端末導入により事前注文とセルフ注文の2つに対応した「未来型店舗」に進化するという。

これまでO:derでは、お客様が来店前、事前注文・事前決済を行い商品を受け取ることができた。今後はさらにO:der Kioskで、店内の専用端末から事前注文・事前決済ができるようになる。事前注文を行うことで、店舗側には会計業務が軽減できることからレジ人員を削減できる。

O:der KioskはSuicaなどの交通系電子マネー、クレジットカードで決済できる。O:derのようにクレジット情報を登録せず、すぐに利用できるのはユーザー体験として大きな利点だ。

発展途上だがやりたいことはたくさんある

株式会社Showcase Gig 代表取締役社長 新田 剛史氏

株式会社Showcase Gig 代表取締役社長 新田 剛史氏

Shocase Gigの新田社長は、「海外ではモバイルオーダーとキオスク端末のセットアップされた店舗がとてつもない数で増加している。国内では初めてその両方が揃った未来型店舗が今回誕生する。まだ発展途上だが、やりたいことがたくさんある」と期待を膨らませた。

ジェイアール東日本フードビジネス株式会社 代表取締役社長 山際 貞史氏

ジェイアール東日本フードビジネス株式会社 代表取締役社長 山際 貞史氏

Oder Kioskを導入された狙いについてジェイアール東日本フードビジネスの山際社長は、「事前注文をする場合はクレジット情報を登録しなければいけない手間がかかる。こういう機会にO:der Kioskを触っていただくことで解消されるのと期待している。狙いはデジタルネイティブ世代」と語った。

さらに売上の面で「私達はまず全体売上の1%を超えるところからスタートしたい。目標が達成できるニーズがあれば、数年間の段階を経てさらに進めていきたい」と抱負を語った。