TOPICS

ご存じですか?来店頻度がアップする「プラットフォーム間連携」

 Post by ModuleApps

いつも、ModuleAppsをご利用いただき、誠にありがとうございます。

ModuleAppsでは、提供されている公式アプリのプラットフォームに、他の企業で提供されているプラットフォームを連携する「プラットフォーム間連携」が利用できます。具体的にはどのような機能なのか、事例をもとに説明させていただきます。

武蔵野銀行の事例

武蔵野銀行は、埼玉県を中心に営業する地方銀行です。埼玉県で営業する上島珈琲店は8店舗と、他県と比べてそれほど多くありませんが、武蔵野銀行では、本店や大宮支店、浦和支店、狭山支店、川口支店の近くに上島珈琲店が営業するなど、銀行をご利用するお客様にとって親しみのあるカフェとなっています。

今回、武蔵野銀行アプリは「プラットフォーム間連携」を行い、上島珈琲店のクーポンを掲載しています。クーポンを掲載すると、武蔵野銀行アプリを起動する頻度が増加して、一番伝えたいおすすめ情報を見てもらえる機会が増加し、来店のきっかけが生まれます。ユーザーは銀行周辺のお得な情報が取得できるので、外出する機会が増えます。

いかがでしょうか。気になった方は、ModuleAppsの営業担当、もしくはサポートまでご連絡ください。