menu
menu
menu
menu
ModuleApps

オムニチャネル戦略やO2O事例を読み解く専門メディアモバイルマーケティング研究所

Twitter、ツイートから商品購入できる「Buy」ボタンの試験開始

 Post by MML編集部

Twitterは現地時間9月8日、ツイートから直接商品を購入できる「Buy」ボタンのテストを始めると発表しました。また、同日には購入のためのクレジットカードや住所に関連したサービスに関する規約の変更も実施。

ツイートに表示された商品のボタンをタップすることで、Twitterから離れることなく商品の購入ができます。

2014100102

ツイートから直接商品を購入できる

「Buy」ボタンの機能はAndroidおよびiOS向けアプリで提供され、Webからの購入はできないとのこと。ツイートに表示された「Buy」ボタンをタップすると、商品の詳細画面が開き、そこで商品サイズや色を決めて「Buy Now」を押すと支払い方法と配送先の入力画面へ誘導され、内容は配送元に送付される仕組み。

住所や支払情報は暗号化してツイッター上に保存されるので一度商品を購入した相手なら次回からは支払い方法や配送先の入力を省略でき、クレジット情報は第三者に渡されることはないなど、セキュリティ面にも配慮がなされています。

現在のところ、提供される企業はバーバリーエミネムハンターヘイズキースアーバンなど海外の企業が中心ですが、今後はより多くの企業へ拡大する見込みとのことです。

Facebookも「Buy」ボタンのテストを開始

また、Facebookも7月18日に「Buy」ボタンのテストを開始したばかり。Buyボタンは広告とFacebookページの投稿に表示され、Twitter同様、直接購入することができます。Twitterの「Buy」ボタンがスマホアプリのみに対応しているのに対して、Facebookはパソコンからも利用が可能。

2014100105

こちらは米国の中小事業者数者によってテストされている段階とのことで、支払いについては安全性に配慮されているとのコメントが発表されています。何度も購入する場合に支払い情報を保存するかどうかはユーザー自らが選択でき、クレジットカードなどの情報がその他の広告主に伝わることはないとのこと。

従来のネットショッピングでは、SNS上で広告を見かけてもリンクをクリックして販売ページに移動しないと購入することはできませんでした。しかし、これらの「Buy」ボタンでは、SNS画面から移動する必要がなくなるため、商品は気になるけれど引き続きSNSを楽しみたい…という人でも気軽に購入できます。

現在はいずれもまだ試験段階ですが、より幅広い企業で「Buy」ボタン利用できるようになれば、インターネットにおけるショッピングのあり方も変わってくるかもしれません。

 

参考情報

Facebook、離脱せずに直接購入できる「Buy」ボタンをテスト中
http://markezine.jp/article/detail/20536

Facebook、その場で商品を購入できる「Buy」ボタンのテストを開始
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1407/18/news090.html

Twitter上で数回タップするだけで買い物できる新機能がわかる解説ムービー
http://gigazine.net/news/20140909-purchases-on-twitter/

Twitter、ツイートから商品購入できる「Buy」ボタンの試験開始
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/14/090900779/

Twitter、“タップで買い物”できる「Buy」ボタン付きツイートを正式発表
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1409/08/news157.html