menu
menu
menu
menu
ModuleApps

オムニチャネル戦略やO2O事例を読み解く専門メディアモバイルマーケティング研究所

Squareが業界初のオフラインモード導入!決済の利用シーン拡大へ

 Post by MML編集部

201409211

スマートフォン(スマホ)から簡単にクレジットカード決済のできる「Square」。スマホのイヤフォンジャックに小型のカードリーダーを挿入するだけで利用できるため、小規模の店舗や個人事業主でもカード決済を導入しやすい点が支持されています。

そんなSquareが2014年7月30日、インターネットが接続できない環境でも決済可能な「オフラインモード」の提供を開始したと発表しました。

オフラインでもスワイプで決済受付が可能

これまでのSquareは、スマホなどの端末がインターネットに接続されている状況での利用が前提。そのため、電波状態の悪い場所では利用できないことや、ネットが遮断して決済が完了しない事態が続いていました。

オフラインモードの導入によって、ネットの繋がらない地下室や山間部、あるいはメンテナンス等でネットが利用できない場合でも決済が可能になり、より幅広いシーンでの利用が可能になったのです。

アプリから「オフラインモード」を有効化することですぐに利用でき、通常と同様にカードリーダーへのスワイプによって決済の受付けが可能です。オフラインモード中に受け付けた決済は保留され、72時間以内に再度ネット接続することで決済が完了する仕組み。72時間以内を過ぎるとカード情報が失われるので注意が必要です。

オフラインでの決済は、カードが承認されない場合や有効期限が切れている場合でもその場で確認できないため、リスクが大きくなる面もありますが、電波状態を気にせずに使えることは事業主にとって大きなメリットとなるはずです。

メールでの請求が容易になる「Squareインボイス」

Squareのサービスはさらに広がっています。オフラインモードに先行して提供を開始した「Squareインボイス」は、クリック一つで請求書を作成してメール送信できるサービス。

201408212

この機能では、アプリから商品を選択して数量や金額、メッセージを入力することで簡単に請求書を発行できます。顧客は請求書から直接クレジットカードでの支払いができ、支払いが完了すれば請求者であるユーザーの元には確認メールが届くので、請求・支払いに関する一連の業務の手間を大幅に削減できるのです。

今後の広がりにも期待

さらに8月には、米フードデリバリーサービスのCaviar買収し、オンラインで注文した食事のデリバリーにSquareが利用可能になることも期待されています。

Squareのサービスがより便利で使いやすくなることで、オムニチャネルによるクレジットカード決済の利用シーンもさらに広がっていくのではないでしょうか。

関連情報

オフラインモード機能をつかって決済を行う – Square
https://squareup.com/help/ja-jp/article/5095

Squareインボイス オンラインで請求書を発行、お支払いもカードでかんたん
https://squareup.com/jp/invoices