menu
menu
menu
menu
ModuleApps

オムニチャネル戦略やO2O事例を読み解く専門メディアモバイルマーケティング研究所

ヤフーが東京の異質性を調査。東京はクルマへの関心が低い面も

 Post by MML編集部

ヤフーは、Yahoo! JAPANで膨大な匿名データを収集・分析した「ビッグデータレポート」を公開されました。今回のレポートはYahoo!のデータのほか国交省や総務省の国勢調査を活用し「東京の特異性」を浮き彫りにしたものです。

res-tokyo

年間800回以上電車に乗る「東京の人」

国交省や総務省のデータによると、東京はほかの都道府県と比べて極端な電車社会であることが分かりました。図1のチャートは、1人の人が一年間に電車を利用する回数を横軸、マイカー通勤・通学率を縦軸にとり、47都道府県をマッピングしたものです。

東京の人は年間で800回以上も電車に乗っていることがわかりました。 これは神奈川や大阪と比べて2倍以上です。また、東京を除いた関東・関西の主要7府県は電車と車を併用して行動していますが、東京ほど電車に乗らないようです。

そのほか、39道府県は車がメインです。電車は年間数十回乗るかどうかであり、東京の10~100分の1にしか過ぎません。

res-tokyo01

車への関心が低くタクシーへの関心が高い東京

図3では、各都道府県の昨年1年間の総検索量に占める自動車メーカー(国内大手8社)に関連する検索数の割合を、最も多い都道府県を100とした指数にし、日本地図にマッピングしたものです。

図1の結果でも触れましたが、電車社会である東京は他県と比較して自動車メーカーへの関心が極端に低いことが分かりました。一方で、タクシーの注目度は、東京で極端に高い結果でした(図4)。

res-tokyo02

res-tokyo03

勉強熱心でITに関心が高い姿も

「フィンテック」や「Uber」といった最近のIT用語は、東京での注目度が高いことがわかりました。また、「中学受験」や「TOEIC」といった勉強系の注目度も、東京を含めた都市部で高いようです。

調査を行ったヤフーは、「電車やタクシーをよく使い、ITに関心が高く、子供も大人も勉強している、そんな東京の姿が浮かび上がってくる」と述べました。

res-tokyo04

ほかにも興味深い調査結果が出ていますので、気になった方はアクセスしてみてください。