menu
menu
menu
menu
ModuleApps

オムニチャネル戦略やO2O事例を読み解く専門メディアモバイルマーケティング研究所

マーケターはどんなニュースアプリを利用するのか?Fastask調べ

 Post by MML編集部

GunosyやSmartNews、日経新聞など、多くのニュース系アプリが登場しており、手軽に情報を収集できるようになりましたが、情報に敏感なマーケティング担当者はどのようなニュースアプリを利用して情報を収集しているのでしょうか?

ジャストシステムが運営するアンケートサービスFastaskは、「企画、マーケティング、広報、販売促進、市場調査・分析(リサーチ)の職種に従事している」と回答した全国の20代~60代の男女200名を対象に、『マーケティングトレンドに関する調査』を実施しました。

res-marketing

6割以上がWEBサイトから情報収集

「項目の中から、あなたの主な情報収集源であてはまるもの」について尋ねたところ、最も多かったのは「WEBサイト」で64.0%、次いで「テレビ」が49.0%、「本、雑誌」が46.5%となりました。

パソコンが登場する以前はテレビや新聞を見る機会が多かったものの、パソコンが登場した現在では仕事中にパソコンを使う機会が増えるなど、次第にオンラインメディアへの注目が集まっていくような流れとなったようです。

res-marketing01

半数がオンライン広告について関心

「広告媒体について、あなたの状況であてはまるもの」について尋ねたところ、「非常に関心があり今後も注目していきたい」と回答した中で最も多かったのは、「インターネット」で72.0%、次いで「スマートフォン」が57.5%、「テレビ」が47.0%となりました。

インターネットやスマートフォンといったオンライン広告について、半数以上の人が非常に関心があり今後も注目したいと答えるなど、これからもオンライン広告はさまざまなメディアを通じて広告を提供していきそうです。

res-marketing02

マーケターはどのニュースアプリを利用するのか?

「ニュース系アプリについて、あなたの状況であてはまるもの」について尋ねたところ、利用している中で最も多かったのは「Yahoo!ニュース」で64.5%、次いで「Googleニュースと天気」で43.0%、「SmartNews」で34.4%となりました。

GunosyやSmartNews、Anntenaなどニュース系アプリが軒並みダウンロードされ注目されているなか、最も読まれているのはポータルサイトのYahoo! JapanやGoogleが提供するニュースアプリでした。調査結果を見ても明らかなように日経新聞やプレジデントなどのビジネス系専門アプリはあまり読まれず、総合的に扱うニュースアプリに人気があるようです。

res-marketing03

ほかにも興味深い調査結果が出ていますので、気になった方はアクセスしてみてください。