menu
menu
menu
menu
ModuleApps

オムニチャネル戦略やO2O事例を読み解く専門メディアモバイルマーケティング研究所

チケットの紛失も参加遅刻も不要!細かいところまで手が届くPassbook系O2O事例

 Post by MML編集部

Passbook(パスブック)」という言葉は聞きなれない方もいるかもしれません。特にAndroid系のスマートフォンを利用されている方には縁がない機能といえます。PassbookとはiPhoneのiOS6からの新機能のことで、クーポンやチケットなどを1つにまとめて管理できるiOSアプリなのです。

主要な事例を挙げてPassbookを紹介していきますが、概要としてPassbookの使い方とつくり方について、簡単に解説しておきましょう。まず、使い方はPassbookのクーポンなどを発行する企業によってさまざまです。

身近な例で挙げると、コンビニのローソンでは、Passbookを店舗に設置してある端末・Loppiにかざすことで、クーポン発行やチケット購入できるようになっています。後に解説する事例と比べても、端末のLoppiと合わせてPassbookを利用するところに、ローソンのO2O特色が出ています。

20141009021

各企業ごとに、Passbookに特徴を持たせて発行することができますが、Passbookの制作には、MacとiOSの「Developer(開発者)登録」が必要です。簡単に作成の流れを説明すると、Developer登録完了後、Passbook作成のテンプレートファイルをダウンロードし、Passbookのアウトラインを作成。Appleへ登録と認証を済ませ、Passbook対応のファイルへパッケージ化することで作成は完了です。

ユーザーが利用できるようにサイトに公開します。ユーザーは、Passbookコードを読み取るか、ダウンロード、メール、アプリなどから登録することができます。

業態に合わせたサービスで、Passbookを作成し、O2O集客などが可能です。代表的な事例を紹介しましょう。

Passbookの位置情報で集客「ぐるなび」

飲食店紹介を中心としたポータルサイト「ぐるなび」は、サイトにアクセスしたユーザーが、気になるお店の「ぐるなびクーポン」をPassbookへ保存することができる機能をサイトに追加しています。

2014100902

Passbookに保存された「ぐるなびクーポン」は、単なる割引クーポンだけではありません。クーポンを保存したユーザーが、店舗へ近づくと、プッシュ通知で、クーポンの保存を通知。スマートフォンの位置情報から、クーポン利用を促す仕組みになっています。

2014100903

位置情報とプッシュ通知というスマートフォンの機能とPassbookを上手に活用した事例といえます。また、店舗、ユーザー共に、クーポンの使い忘れなどがなくなり、メリットある仕組です。

航空搭乗券のPassbook化して利便性を高める「ANA」

出張などの旅先で、紛失が気になる搭乗券ですが、Passbookへ保存するサービスが各社で開始されています。ANAの場合は、国際線、国内線の両路線がPassbookに対応しています。

Passbookの搭乗券は、紛失の心配が軽減されるだけでなく、ユーザーのフライトに合わせて、運行の遅れや欠航などをプッシュ通知してくれます。搭乗前のアナウンス機能が充実しているのです。

2014100904

運行が順調な場合には、搭乗の4時間前に、iPhoneのロック画面にチケットと搭乗時間を表示。搭乗前の確認、そしてチケット探しなどの煩わしさから開放されます。

スポーツ観戦チケットにもPassbook広がる「東京ヴェルディ」

アメリカのメジャーリーグでは、Passbook試験時に、観戦客の12%が利用したというデータがあります。Passbookがスポーツ観戦チケットに有用な海外事例ですが、日本では、過去に東京ヴェルディが一部の試合でPassbookの実験していた事例もあります。

2014100905

PassbookはiOS6以降のプラットフォームに標準搭載されたサービスという特徴があり、Developerが誰でも開発できる点が店舗やサービス提供側のメリットです。ユーザーも、チケットやクーポンを財布に見立てたiPhoneに保存できることに加えて、財布にはない位置情報や通知機能でさらに利便性が高まったサービスといえます。

一方、Android系スマートフォンにも、似たようなサービスがありますが、プラットフォームに因われずに活用できるiBeaconが、今後、主流となっていく可能性があります。