menu
menu
menu
menu
ModuleApps

オムニチャネル戦略やO2O事例を読み解く専門メディアモバイルマーケティング研究所

サイト訪問者数は減少するも、モバイルファーストに対応したサイトは上昇ー2014年サイト集客ランキング

 Post by MML編集部

ウェブサイトへの訪問者数が、昨年に比べて減少傾向にあるという調査結果が発表されました。しかし、そのような状況の中でもアクセスを伸ばしているのが「モバイルファースト」に対応したサイトです。これからのマーケティングを考える上で見逃すことのできないモバイルファーストについてご紹介します。

ウェブサイトの訪問者は減少傾向

インターネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズが発表した2014年上半期サイト集客ランキングによると、流入上位500サイトの訪問者数は昨年上半期と比較して93.3%という結果になりました。

しかし、そのような減少傾向の中でアクセスが増加しているサイトもあります。そのひとつがニュース系サイトです。ニュース系サイトで特に大きくアクセスを伸ばしたのは、前年比14倍の「ハフィントンポスト」や、前年比9倍の「THE PAGE」など。これは、ニュース系サイトがSNSでの拡散がしやすい特徴を持つことが背景にあるでしょう。

201408291

アクセスが増加したもう一つのジャンルが、小売業系のサイトです。これらの分野の伸びは、宅配サービスが充実したことや、美容・健康に対する関心が高まったことが背景にあると考えられます。

201408293

クーポンサイトのアクセス増加はモバイルファースト戦略によるもの

そして、アクセスの増加した分野で特に注目すべきなのが、クーポン系サイトです。クーポン系サイトのアクセス増加は、ネットへのアクセスがPCからスマホへシフトしたことが大きく影響しています。スマホなどのモバイルユーザーに合わせたモバイルファースト戦略がヒットしたことが、クーポン系サイトのアクセス増加に大きく貢献しています。

モバイルファーストとは、モバイルユーザーの行動やニーズに合わせたサイト設計を行い、モバイル中心にWeb戦略を練ること。単にモバイル端末からサイトを閲覧しやすくする「モバイル最適化」とは異なります。

モバイルファーストとは?

モバイルファーストでは、モバイルからアクセするユーザーの利便性を考えてデータ通信量を抑えたり、文字入力の手間を省くために選択式のフォームを用意したりするなどの工夫が必要となります。また、小さな画面で効率的に情報を見せるために、コンテンツを折りたたんで必要に応じて開ける仕組みにするすることや、素早く表示できるようにシンプルなデザインにすることも求められるでしょう。

また、モバイルファーストでは、サイトの構造だけでなくコンテンツの内容もモバイルに合わせたものにする必要があります。必要のないものは極力削り、本当に必要なコンテンツだけを残すことがモバイルからの利便性を高めます。

サイト訪問者が減少している背景には、ユーザーの「PC離れ」も影響していると言われています。その一方で、スマホなどのモバイルユーザーは増加しています。そのため、モバイルユーザーならではの利用環境や行動からニーズを読み取り、それに合わせたサイトを構築するモバイルファーストが鍵となるのです。

参考情報

【2014年上半期】サイト集客ランキングレポートー株式会社ヴァリューズ
http://www.valuesccg.com/topics/detail/id=64

“モバイルファースト”の本当の意味と、Web担当者が知っておきたい基本&実践3ステップ
ーWeb担当者フォーラム
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2012/03/14/12281