menu
menu
menu
menu
ModuleApps

オムニチャネル戦略やO2O事例を読み解く専門メディアモバイルマーケティング研究所

年代が上がるごとに新聞を読む傾向が増加。40~60代の購買行動調査(MMD研究所)

 Post by MML編集部

Windows95が登場して今年で20年がたちました。パソコンや携帯電話の普及に伴い、ユーザーの購買行動に大きな変化があったと思います。MMD研究所は、40歳以上69歳以下の男女1,035人を対象に「40代~60代の商品・サービスに関する購買動向調査」を実施されました。

1204mmd

スマートフォンからニュースを見る割合が減少

「スマートフォンとタブレットを使って毎日情報収集を行う割合」について尋ねたところ、スマートフォンでは40代が61.0%、50代が55.7%、60代が35.7%と年代が上がるごとに毎日情報収集する割合が減少していました。

タブレットでは40代が22.3%、50代が20.3%、60代が16.2%と年代が上がるごとに減少しているようです。タブレットは毎日情報収集する割合が少ないものの、年代ごとの減少率は、スマートフォンと比較して緩やかに下がっています。

1204mmd01

年代が上がるごとに新聞を読む傾向が増加

「ニュースや情報の取得方法について毎日情報を収集する割合」について尋ねたところ、全体で最も多かったのは「テレビ」と「パソコン」で約85%でした。「新聞」については全体の約60%が情報収集を行っており、年代が上がるごとに新聞を読む傾向が高まっています。

「テレビ」と「パソコン」の傾向を見ると、仕事の合間にパソコンからニュースを見る機会が多く、また、出社前や帰宅後にテレビからニュースを見る機会が多いためこのような形になったのではないかと推測されます。新聞を読むことについても、1冊でさまざまな情報をコンパクトに収集できるからといった理由があるのだと思います。

1204mmd02

7割が食料品や日用雑貨は実店舗で見て購入

「食料品・お酒をどこで調べて購入する事が多いですか」と尋ねたところ、「PCで調べて、そのままネットで購入する」が全体で約23%、「実店舗で調べて、そのまま購入」が全体で約77%となりました。

1204mmd03

日用雑貨をどこで調べて購入する事が多いですか」と尋ねたところ、「PCで調べて、そのままネットで購入する」が全体で約23%、「実店舗で調べて、そのまま購入」が全体で約77%となりました。

1204mmd04

食料品は手に取ってから商品の鮮度や色、形を確認したい方も多いためか実店舗で確認する割合が高いようです。日用雑貨についても実店舗で商品を手にとって大きさや形を確認しながら、購入する方が多いのではないでしょうか。

4割が本やDVDはPCで調べて購入

本・雑誌をどこで調べて購入する事が多いですか」と尋ねたところ、「PCで調べて、そのままネットで購入する」が全体で約40%、「実店舗で調べて、そのまま購入」が全体で約60%となりました。

1204mmd05

CD/DVDをどこで調べて購入する事が多いですか」と尋ねたところ、「PCで調べて、そのままネットで購入する」が全体で約40%、「実店舗で調べて、そのまま購入」が全体で約35%となりました。

1204mmd06

オンラインショップの品揃えの豊富さやユーザー評価の充実から、本やCD/DVDはネットで調べて購入する割合が高いといえます。決済や配送などさまざまな課題はありますが、今後それらがクリアしていくことにともないネットからの購入率も増加していくと予想されます。