menu
menu
menu
menu
ModuleApps

オムニチャネル戦略やO2O事例を読み解く専門メディアモバイルマーケティング研究所

iBeaconによる可能性は無限大、機能が多彩な海外のステッカー

 Post by MML編集部

Estimote社はiBeacon技術を使ったステッカー「Estimote Beacons」と「Estimote Stickers」を開発しました。注目の集まるiBeaconによってさまざまな機能を提供できるこのアイテムの概要と可能性についてご紹介します。

2014091701

Estimote Beaconsとは?

Estimote Beaconsはシリコン製のカラフルな石のような形状、Estimote Stickersは約3mmの薄いステッカー状の端末です。電源にはボタン電池を使用し、裏面の粘着シートを使ってさまざまな場所に貼り付けられるようになっています。

2014091702

これらのステッカーにはBluetoothスマートモジュールや温度センサ、加速度センサが内蔵されており、ビーコンの位置や方法、温度を個別に管理することが可能です。スマホやタブレットに対応アプリをインストールすれば、スマホがビーコン情報を読み取り、情報を受信することができます。

2014091703

小売店や美術館、空港などで使用を想定したEstimote Beaconsは、Estimote Stickersに比べてサイズとバッテリ容量がやや大きくなっており、バッテリは3~5年持続します。一方のEstimote Stickersはバッテリの持続期間が約1年となっており、自転車や靴、ノートパソコンといった身の回りの品に付けて使うことを想定しているとのこと。

どのような活用方法が考えられるか?

実際の活用方法としては、店舗内でユーザーが商品に近づいたらその商品に関する情報をスマホに流すことや、ステッカーを商品に取り付けて顧客が手に取った回数を計測することなどが考えられます。

また、屋内に複数の端末を設置することで、GPSのように使用してビル内の案内に利用することもできるでしょう。その他には、温度センサを使って室内の温度を計測するといった使い方も可能です。

2014091704

対応アプリには専用の「Estimote Virtual Beacons」の他、「BLExplr」などが使用でき、開発者向けキットはEstimote Beaconsが3個入り、Estimote Stickersが10個入りで価格は共に99ドルとなっています。

導入には技適マーク取得の課題も

ただし、Estimote Beaconおよび Stickersは、法令で定められた技術基準に適合することを証明する技適マークを取得していないようです。日本国内でiBeaconなどの特定無線設備を使用するには、技術基準適合証明技術基準適合認定の認証がなされていることを証明するこのマークの付いた端末を使う必要があります。そのため、Estimote Beaconを日本で使用する際には注意が必要となるでしょう。

アメリカではすでに主流のサービスとなっているBeacon技術。日本でも技適マークが取得されれば広く使用される可能性も高まるのではないでしょうか。

 

関連情報

estimote
http://estimote.com/

estimote社が想定する、4つの位置情報の新しい形
http://primedge.net/?p=418

貼るだけでどんなモノでもスマホと連携できるようになるステッカー
http://www.gizmodo.jp/2014/08/ibeacon_1.html

全てのモノをデータ化できるセンサ付きステッカー「Estimote Stickers」、米国で発売
http://www.at-weblog.com/2014/08/The-data-can-be-of-things-of-all.Sensor-with-sticker-Estimote-Stickers.launched-in-the-United-States.html