menu
menu
menu
menu
ModuleApps

オムニチャネル戦略やO2O事例を読み解く専門メディアモバイルマーケティング研究所

クレジットカードをまとめる「Coin」発売延期の背景と今後の対応

 Post by MML編集部

米国企業のCoinは、クレジットカードを1枚にまとめる端末「Coin」の本格的なリリースを2015年春まで延期すると発表しました。発売延期の背景とCoinの機能やサービス内容についてまとめました。

2014090901

なぜ発売延期になったのか?

Coinは来春の発売までの間に端末の改良を続け、代わりにオールインワン型カードの最新バージョンを出荷する予定とのこと。出荷延期の背景には、クレジット業界で採用が進んでいるセキュリティマイクロチップをCoinが採用していないことがあります。これらの対応は重要な課題となりますが、それでもCoinはカードの管理を便利にするサービスとして期待されています。

Coinの基本的なサービスとは?

Coinはクレジットカードの磁気ストリップの部分を切り替えることで、複数のカードに対応する技術。クレジットカードの他にデビットカードやギフトカード、会員カードなどにも対応し、最大8枚のカード情報を保存できます。Coinのカードも通常のカードと同様にカードリーダーやATMで使うことが可能です。

2014090902

カードの登録は、専用のアダプタをiPhoneのイヤフォンジャックに接続し、それを使ってカードをスキャンすることで行います。iPhoneからBluetoothを使ってCoinに情報を送れば登録は完了。

2014090903

表面にはボタンとディスプレイが配置され、ボタンを押すことでカードを切り替えることができ、ディスプレイからは選択中のカードの下4桁の番号や有効期限、セキュリティコードなどを確認できます。

不正使用検出や置き忘れ対策機能も

カードに不審なスワイプなど、不正使用が疑われる操作がされた時にはその場で警告をしたり、カードの入れ替えができないようにロックをかけたりとセキュリティ対策もなされています。また、iPhoneとは常にペアリングされ、CoinとiPhoneの距離が離れるなどしてペアリングが解除されるとすぐにiPhoneに通知することで、カードの置き忘れを防ぎます。

Coinの今後は?

米国でのCoinの普及には、先述したセキュリティマイクロチップへの対応が課題となります。日本で使用するにはBluetooth機器に必要な技適マークの取得も必要となるでしょう。また、Coinに対応しているのは磁気情報のカードのみなので、日本で多く使われているICチップとパスコードを使ったEMV仕様のカードには対応していないため、日本国内で使う場合には利用範囲が限られてしまう可能性もあります。

とはいえ、煩雑なカードの管理をスマートにしてくれるCoinの技術に期待が集まっているのも確かなこと。来春の正式リリースを期待したいものです。

 

参考情報

Coin
https://onlycoin.com/

クレカやキャッシュカードなど複数枚のカードをまとめて利用できる「Coin」
http://gigazine.net/news/20131115-coin/

複数のクレジットカードを1枚にする「Coin」、リリースを延期
http://japan.cnet.com/news/service/35052806/