menu
menu
menu
menu
ModuleApps

オムニチャネル戦略やO2O事例を読み解く専門メディアモバイルマーケティング研究所

今のうちに知っておきたい!Googleの「マテリアルデザイン」とは何か?

 Post by MML編集部

9月4日、Android版のchrome37安定版が公開され、同時にマテリアルデザインにそったUIデザインに移行しました。注目の集まるマテリアルデザインですが、その全体像が今ひとつ分かりづらい……と感じている方も多いかもしれません。

マテリアルデザインとはどのようなもので、どういった効果があるのかまとめてみました。

2014093001

マテリアルデザインとは?

マテリアルデザインとはユーザーと端末の対話についてまとめたデザインマニフェストのこと。スマホやタブレット、アプリなどのIT機器だけでなく、メガネや丸い腕時計、家やテレビなど幅広いデザインで使用される概念となっています。

グーグルがマテリアルデザインを採用したのは、今回が初の試みです。アプリの外観部分は簡素化され、従来よりも広いスペースで操作できるシンプルなフラットデザインを採用したことで操作しやすくなりました。また、デザインは三次元性になり、各要素に影や奥行きを持たせて立体的に表現されています。

2014093002

ユーザーがストレスを感じない操作が可能になる

GoogleのAndroidデザイン責任者であるマティアス・デュアルテ氏は、米Gizmodoのインタビューにて、「世界のユーザーが利用した時にストレスを感じないデザインとは何だろうかと自問した時に誕生したのがマテリアルデザインだった」と語りました。

デザインのヒントは紙とインクからヒントを得たとのこと。ピクセルのひとつひとつが三次元のキューブになっており、光源を意識してデザインに反映したことで、立体物を触っているような感覚で操作できるようになりました。

2014093003

また、アニメーションについては人間が質量(マテリアル)を感じるような自然な動きを意識したそうです。ボタンをタップした時にアニメーションすることで、ボタンが停止したままよりも分かりやすくなります。例えば、読み込み中の状態から突然画面が開くよりも、アニメーションが表示された方がユーザーは違和感を感じずに操作できます。

デザインの統一でより使いやすく

また、マテリアルデザインは、Androidの操作性の統一にも役立ちそうです。マテリアルデザインによる統一ガイドラインをGoogleが提示することで、現在は乱立状態にあるAndroidのデザインが統一されることにつながります。

Googleによるマテリアルデザインの採用は、スマホやタブレットだけでなくウェアラブル端末や車載システムなど広がり続けるAndroid製品をより快適にするための改革なのです。

 

参考情報

マテリアル・デザインって何? Androidデザイン責任者にインタヴュー
http://www.gizmodo.jp/2014/07/_android.html

Androidはこんなに変わる!マテリアルデザインの狙いは
http://aplista.iza.ne.jp/f-android/171114

「マテリアルデザイン」がAndroidのUIに革新を起こす!
http://www.coromos.com/ui_design/material-design/

グーグルのMaterial Designってどんな意味があるの?
http://www.gizmodo.jp/2014/06/post_14905.html