menu
menu
menu
menu
ModuleApps

オムニチャネル戦略やO2O事例を読み解く専門メディアモバイルマーケティング研究所

日本最大級のアプリ開発コンテスト「アプリ甲子園2016」。10月23日に決勝大会を開催

 Post by MML編集部

全国の中高生を対象にしたスマートフォン向けアプリ開発コンテスト「アプリ甲子園2016」の決勝大会が、2016年10月23日(日)、東京・中央区銀座のD2Cホールで行われる。

9763event-m

日本最大級のアプリ開発コンテスト

「アプリ甲子園」とは、次世代を担う若手クリエーターの発掘と健全な育成支援を目的とし、中学校、高等学校、高等専門学校(3年生まで)に在籍する方を対象としたアプリ開発コンテスト。日本最大級の規模で行われ、今年で6回目となる。

7月1日に作品エントリーが募集され、一次審査を通過した30組が2次プレゼンテーション審査会を行った。今回、ファイナリストに選出されたした10組が決勝大会で競い合う。評価項目は、独創性、デザイン性、消費者支持度で見る「企画力」と、操作性、技術力、完成度で見る「実装力」の2つ。

審査員には、デジタルハリウッド大学学長である杉山 知之氏をはじめ、フォーブスジャパン副編集長兼WEB編集長の谷本 有香氏、慶応義塾大学でユビキタスコンピューティングを専門とする環境情報学部 准教授の中澤 仁氏など合計5名が就任している。

決勝大会の観覧者を募集中

現在、「アプリ甲子園」決勝大会の観覧者を募集している。ご覧になりたい方は、以下リンクから申し込みが必要。

  • 会場:D2C本社 D2Cホール
  • 場所:東京都中央区銀座6-18-2 野村不動産銀座ビル 4-6F
  • 日時:2016年10月23日(日)13:00-18:00(受付開始:12:30 入退場自由)
  • 参加費:無料

https://www.applikoshien.jp/viewer/index.html