menu
menu
menu
menu
ModuleApps

オムニチャネル戦略やO2O事例を読み解く専門メディアモバイルマーケティング研究所

思わず試したくなるスマホやアプリを使ったサービス・キャンペーン事例(2015年12月版)

 Post by MML編集部

2015年12月中に発表されたサービスやキャンペーンの中から、気になったO2Oサービスやプロモーションをピックアップしました。なかにはすでに終了したものもありますので、内容をご確認ください。

201512cpn

カメラをかざすとスヌーピーが3Dで表示

201512cpn01

ユニクロは11月27日から1月14日まで、映画「I Love スヌーピー」とコラボレーションをした「ユニクロカメラでポン!」を開催しました。これは、専用のアプリで特定の場所をかざすとキャラクターが飛び出して見えるアプリキャンペーンです。

そのなかで配布されているパンフレットの裏面のスヌーピーに専用アプリをかざすと、3Dでスヌーピーが表示されます。また、スヌーピーのキャラクターに色を塗ると色が塗られた形のスヌーピーが表示されるものです。

ぬりえ用紙は専用サイトからダウンロードできます。気になった方はお試しください。

201512cpn02

http://www.uniqlo.com/jp/uniqlocamera/

600台のスマホ端末が森を彩る

Googleは12月14日から12月16日まで、イルミネーション企画「trees for everyone by Android」を開催しました。これは、600台のスマホ端末が12本の木を彩り、人種、性別、年齢、職業、趣味などの違いを飛び越えて人と人がつながることの素晴らしさを光と音と映像で表現するものです。

会場内に設置する写真ブースで撮影すると、600 台の Android 搭載スマートフォンのうちの一台に写真が表示され、森を埋めつくす雪の結晶を作り上げます。

http://googlejapan.blogspot.jp/2015/12/android.html

PCとスマホを連動させたコラボゲーム

Googleは映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」とコラボレーションしたゲーム「ライトセイバーエスケープ」を公開しました。これは、スマホ端末をライトセイバーに見立て、パソコンのChromeに表示された仮想空間でストールトルーパーと戦います。

まずは、こちらの特設サイトをパソコンのChromeで開きます。画面上にオリジナルのURLが表示されるので、スマホを使ってそのURLへアクセスします。そのあとスマホのキャリブレーション(スマホの向き調整)を行うと開始できます。

Gigazineがプレイ方法のレビューを掲載しているので、気になった方は併せてご確認ください。

http://googlejapan.blogspot.jp/2015/12/starwars.html

ヒカリをアプリでかざすとクーポンがゲットできる

201512cpn04

銀座通連合会とパナソニックは12月19日から20日まで、「ヒカリで銀ぶら」を開催しました。このイベントは参加店舗や特設会場に設置された光るギフトBOXに専用アプリからかざすと、特別なクーポンやイベント限定ポイントが取得できます。ポイントは5ポイント以上貯まると特別なプレゼントがもらえます。

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002055.000003442.html

人気キャラクターになりきれる

201512cpn05

ソフトバンクは、人気キャラクターに変身ができる「なりきりカメラ」を公開しました。このキャンペーンは返信したいキャラクターを選択後、カメラで顔写真を撮りファイルでアップロードするとキャラクターと合成した写真が表示されるものです。

http://www.softbank.jp/mobile/info/personal/news/cm_campaign/20151228a/

地図上からサンタを追跡できる

GoogleとMicrosoftはサンタの追跡ができる「サンタトラッカー」を公開しました。このイベントはサンタがプレゼントを届けるルートを地図上から追跡して、現在サンタはどこにいてどちらへ届けようとしているのかをリアルタイムで見るとこができるものです。そのほか様々なミニゲームや動画も用意され、楽しむことができます。

https://santatracker.google.com/

いかがでしたか。気になったサービスやキャンペーンがありましたらお試しください。


◆キャンペーン事例のバックナンバー

2015年11月 / 2015年10月