menu
menu
menu
menu
ModuleApps

オムニチャネル戦略やO2O事例を読み解く専門メディアモバイルマーケティング研究所

このアプリを作るといくら?質問に答えると開発費用を教えてくれる見積サービス

 Post by MML編集部

「弊社もアプリ開発を依頼したいけど、どれくらいかかるのだろうか?」と思ったことはありませんか?クリーク・アンド・リバー社は7つの質問に答えるとアプリ開発の概算費用を教えてくれる無料の見積サービスを公開しました。

20150820app

アプリ開発の費用を教えてくれる見積サービス

この見積もりサービスで算出される金額は、クリーク・アンド・リバー社でこれまでに培ってきたナレッジを集約して相場を独自に調査し、スマホアプリ制作にかかる概算費用を算出しています。

■アプリの制作費用を見積もります【クリエイターズシップ】
http://mitsumori.creators-ship.com/

ではさっそく開始してみましょう。

201508app01

まずはどちらのOSアプリを作りたいのか選択します。

201508app02

続いて、ユーザーの個人情報やデータを使うのか選択します。会員向けデータを利用するアプリを作る場合は必要となります。

201508app03

ログインの有無や方法について選択します。

201508app04

アプリでの決済の有無と手段について選択します。

201508app05

アプリのデザイン制作について選択します。

201508app06

Googleマップなど、他社が提供されているAPIを使用するのかについて選択します。

201508app07

他に実装したい機能があれば必要なだけ選択します。

201508app08

するとアプリを制作した場合の概算費用が表示されます。金額の下に表示されている「詳細を見る▼」をクリックすると、今まで選択した項目の一覧表が表示されます。

201508app09

いかがでしょうか。ご自身が思っていた金額とどれだけ近かったでしょうか?

この見積ツールは概算金額を算出するものであり、実際の契約金額は、契約内容や、実装の内容、アプリ開発企業やクリエイターとの交渉によって決まります。必ずしもこの金額が契約金額とは限りませんので、市場の相場としてご参考までにお使いいただければと思います。