menu
menu
menu
menu
ModuleApps

オムニチャネル戦略やO2O事例を読み解く専門メディアモバイルマーケティング研究所

もう対応した?いくつかのFacebookプラグインが6月中に終了

 Post by MML編集部

ブログを運営する上で重要なファンの獲得。そのためにFacebook のLike boxを活用している方も多いのではないでしょうか? そんなLike BoxなどのFacebookプラグインが2015年6月23日になると使用できなくなるとのこと。今回Facebookプラグイン廃止についての情報と対応方法についてまとめました。

20150408

訪問者にFacebookページの存在を知らせ、更新情報を受け取りやすくするLike Box

そもそも、FacebookのLike Boxとは、どのような機能なのでしょうか? Like Boxをブログやウェブサイトに設置すると、そのブログやサイトのFacebookページへのリンクと「いいね!」をしたユーザーの数が表示されます。サイトを訪問したユーザーにFacebookページの存在を伝えるとともに、どれくらいのファンがいるのかが一目でわかり、さらにLike Box上で「いいね!」を押すことも可能です。

2015040801

そして、Facebookページに「いいね!」をすると、Facebookページ上で投稿があった時に、それがユーザーのタイムラインにも表示されます。そのため、ブログの更新やお知らせなどの情報をすばやく確実にファンに伝えることができます。

今後はLike Boxの代わりにPage Pluginを使用、カバー写真の表示も可能になる

現在は、FacebookのLike Boxを作成するページへ移動すると警告マークが表示されます。

2015040802

そして、次のようなメッセージが書かれています(日本語意訳)。

「Facebook のGraph API v2.3 のリリースによりLike Boxのプラグインは廃止され、2015年6月23日に使用を停止します。代わりに新しく公開したPage Pluginを使えば、Facebookのフィードを簡単に埋め込むことができます」

つまり、6月23日にLike Boxは停止するため、それ以降はPage Pluginを使う必要があるようです。Page PluginのデザインはLike Boxのデザインと似ていますが、カバー写真やシェアボタンが追加されています。

切り替えにはPage Pluginの設置作業が必要

Like BoxからPage Pluginへ切り替えるには、Page Plugin の設置コードを新たに取得する必要があります。Page Pluginの設置ページを開くと、FacebookページのURLと縦横のサイズを入力する項目が出現します。そこに必要な情報を入力すると完成イメージが表示されます。

2015040803

なお、横は280ピクセルから500ピクセルまで設定できます。縦は130ピクセル以上での設定が可能です。しかし、Page Postが非表示の場合は225ピクセル以上は設定できないようなので、それ以上のサイズを求めている方はPage Postの表示にチェックを入れる必要があります 。

2015040804

以上の設定のほか、さらに「いいね!」をしたユーザーのプロフィールアイコンの表示/非表示や、カバー写真やフィード表示の有無も選択できます。設定後、「Get Code」ボタンを押すと以下のコードが表示されます。<body>直後やPage Pluginを表示させたい場所に貼りつければ設置は完了です。

2015040805

また、Facebookプラグインでは、Like Boxの使用停止の他に「Activity Feed」、「Facepile」や「Recommendations Feed」も6月23日に利用停止となるようです。Facebookはこれらのプラグインに代替する機能を提供していないようなので、停止後は非表示にする対応が必要になりそうです。

2015040807

いかがでしたでしょうか。サイトを訪問したユーザーの利便性のためにも、プラグイン停止後に慌てて対処するのではなく、早めに準備しておくことが大切です。また、Facebookの古い「いいね!」ボタンも2015年5月以降動作しなくなると言われています。まだ作業を行っていない方はあわせて対応されてはいかがでしょうか。