menu
menu
menu
menu
ModuleApps

オムニチャネル戦略やO2O事例を読み解く専門メディアモバイルマーケティング研究所

たった1枚のカードに20枚分の決済情報を登録できるセキュアなクレジットカード「Plastic」が登場

 Post by MML編集部

2014102401

前回は複数のクレジットカード情報を1枚のカードにまとめられる「Coin」の事例と遅延の理由についてまとめましたが、今回は新しいカード「Plastic」をご紹介します。

Coinの2.5倍、最大20枚のカード情報を保存可能

Plasticは最大20枚までカード情報を登録できるクレジットカード。厚さわずか0.8mmのカードにEインクのタッチ対応ディスプレイが搭載されています。このディスプレイにカード番号が表示され、スワイプで切り替えが可能です。

2014102402

Coinで保存できるカードの数は最大8枚なので容量は2.5倍。登録できる情報はクレジットカードのほかデビットカードやギフトカード、ポイントカード、アクセスカード、クーポン券など多岐にわたります。

スワイプでカード切り替え、情報の登録は専用リーダーを使用

Plasticを使用する時は、まず、カードに4ケタの暗証番号をカードに入力します。するとカテゴリ画面が表示され、クレジットカードやギフトカードといったカードの種類を選択できます。それぞれのカテゴリから対象のカードを選択すればカード情報が表示されて使用可能になります。

2014102403

もちろん顔写真や署名の表示も可能。カードを使用するとBluetoothを介してスマホに使用完了のプッシュ通知が届きます。

2014102404

Plasticにカード情報を登録する時は、専用カードリーダーをスマホに取り付け、スキャニングを行います。データはiPhoneアプリで管理でき、決済情報や残高、ポイント数などを確認できます。

充電はワイヤレスパッドの上にカードを置くだけで完了し、最大30日間持続するので、使いたい時に充電が切れていて使えない、といった心配もなさそうです。

紛失を防止する機能が搭載され、セキュリティも万全

多くのカード情報を1枚にまとめるとなると、その安全性がとても重要となります。Plasticでは、カードが所定の場所から100フィート(約30メートル)以上離れるとスマホにアラートが届く仕組みになっています。また、万が一の紛失や盗難の際にはスマホからのリモートワイプで全てのカード情報をまとめて消去することが可能です。

2014102405

安全でメリットの高いPlasticですが、こちらもCoinと同様に日本の技適マークは未取得です。そのため、現状では日本で使用することはできません。今後はぜひグローバル展開して、日本でも利用が可能になる体制を整えてほしいところです。

 

参考情報

たった1枚のプラスチックになんと20枚ものカード情報が入れられて、しかも超セキュア!そんな夢の様なカード「Plastc」が登場!
http://spotry.me/2014/news-plastc-want-to-replace-entire-wallet-with-single-card/

Plastc Card is the card that stores your cards digitally
http://www.talkandroid.com/222269-plastc-card-is-the-card-that-stores-your-cards-digitally/

The Plastc Card, Coin’s New Competitor, Is Packing Better Features And A Higher Price Tag For Anyone Who Isn’t Too Jaded To Pre-Order
http://www.androidpolice.com/2014/10/07/plastc-coins-new-competitor-packing-features-higher-price-tag-anyone-isnt-jaded-pre-order/

Plastc Introduces Plastc Card: Physical and Digital Card Reinvented
https://finance.yahoo.com/news/plastc-introduces-plastc-card-physical-130000129.html