販促や集客、ブランディング戦略を読み解く専門メディアモバイルマーケティング研究所

6/12~6/14、インターネットテクノロジーの総合イベント「Interop Tokyo 2019」が開催。今年の見どころは?

 Post by MML編集部

今年で26回目の開催となるインターネットテクノロジーの総合イベント「Interop Tokyo 2019」が、6月12日(水)~6月14日(金)までの3日間、千葉市の幕張メッセで開催される。

今年のInterop Tokyoは、日本電信電話 澤田純 代表取締役社長による基調講演を皮切りに、次の四半世紀へ向けた情報共有と発信をミッションとし、「インターネット文明開化」のスローガンを掲げて開催。

同時開催として「Connected media TOKYO 2019」「DSJ 2019」「Locationbusiness Japan 2019」「APPS JAPAN 2019」も開催。ジャンルに合わせて展示されているところも魅力だ。

Connected Media Tokyo 2019

「Connected Media」は、マルチスクリーン、クラウド、ビックデータ、広告・マーケティングなどデジタルメディアを活用した技術の総合イベント。インターネットを活用した放送・通信、IPシステムなどの最新技術を展示している。

今回は特別展示「Broad Casters Innovation」を開催。毎年大好評の放送業界のトップ企業が集まって最新の放送サービスや技術的な取り組みを紹介する。

https://www.f2ff.jp/cmt/

DSJ 2019

「DSJ(デジタルサイネージ・ジャパン)」は、街中のメディアとして多様な役割を果たす「デジタルサイネージ」にフォーカスし、デジタルサイネージの最新技術とその活用法を紹介。本イベントでは、デジタルサイネージ産業の課題解決と新市場の創出、あらゆるビジネスシーンにおけるサイネージの利活用をその場で体感できる展示会となっている。

今回は特別展示「Next Retaining」を開催。店舗経営におけるテクノロジー利活用やイノベーションをテーマに最新技術やトレンドを紹介。デジタルトランスフォーメーションを実現していくための次世代店舗のあり方を提唱する。

https://www.f2ff.jp/dsj/

Locationbusiness Japan 2019

「Locationbusiness Japan」は、空間情報活用で広がる新たなビジネスチャンスを得るためのイベント。正確な位置情報を特定する技術(Positioning)を応用したビジネスサービス、ソリューションと測定した位置情報をもとにヒト・モノが自在に動く(Mobility)を紹介する。

今回は主催者企画「NextGEN 自律移動ロボットデモンストレーション」を開催。LiDAR(Light Detection and Ranging)による自律走行の基盤技術に着目し、センシング技術 x AIを活用した 広がるサービスのヒントを発信する。

https://www.f2ff.jp/lbj/

APPS JAPAN 2019

「APPS JAPAN(アプリジャパン)」は、アプリビジネスの拡大を促する機会を提供する展示会。スマートフォン、タブレット、パソコン、テレビやデジタルサイネージなどインターネットに繋がる様々なアプリの活用が広がりや、ウェアラブルデバイス、交通、医療、教育など、様々なシーンにおいても活躍が期待されているアプリを紹介する。

https://www.f2ff.jp/apps-japan/

開催場所、入場料について

6月12日(水)~6月14日(金)会場は千葉県・幕張メッセで開催される。展示会入場料は5,000円だが、Webからの事前登録または招待券持参により無料となる。Interop TOKYO カンファレンスの場合は、1Dayパッケージ5万円、3Dayパッケージ10万円となる。興味のある方は公式サイトへ。

  • 会場:千葉県・幕張メッセ
  • 期間:6月12日(水)~6月14日(金)

https://www.interop.jp/