販促や集客、ブランディング戦略を読み解く専門メディアモバイルマーケティング研究所

5/15、有名企業のアプリ活用最前線「アプリの虎 Vol.4」東京でイベント開催。今回は小売業の裏側に迫る!

 Post by MML編集部

2019年5月15日(水)、Repro、FROSK、ロケーションバリュー、モンスター・ラボの4社は、有名企業のアプリ活用最前線「アプリの虎 Vol.4」を開催する。

アプリを導入する理由、アプリの効果が分からない との声

スマートフォンの普及によって、いままでWebで提供されていたサービスのアプリ化や、アプリ機能を活かした新規サービスを提供するといった流れはますます進んでおり、非IT企業においても、自社の事業をアプリにうまく活用することで大きな成果を得ている企業が増えている。

とはいえ、アプリの基本的なメリットは理解できても、開発コストや運用コストを考えると、なかなか投資に踏み切れないといった声もよく聞かれる。

そこで本イベントでは、既にアプリを活用している有名企業が登壇し、どのような背景でアプリを開発し、どのような方法で成功に導いたのか、具体的な事例を紹介していただく。

現役のアプリ担当者が登壇、導入した背景、運用ノウハウを語る

4回目となる今回は、化粧品・健康食品メーカーの「ファンケル」、コスメや輸入雑貨を取り扱う「PLAZA」、テレビショッピング・通販の「QVCジャパン」の3社が登壇し、アプリを導入した背景や組織体制、運用ノウハウなどを語っていただく。

アプリ開発を考えている企業、アプリの運用方法に悩んでいる企業にはおすすめの内容だ。

【開催概要】

  • 日時:2019年5月15日(水)18:30~(17:50開場)
  • 主催:Repro、FROSK、ロケーションバリュー、モンスター・ラボ
  • 会場:ヤフー株式会社(東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー)
  • 費用:無料
  • 定員:150名(集客状況によって増席)

イベント詳細・申し込みはこちら

.