オムニチャネル戦略やO2O事例を読み解く専門メディアモバイルマーケティング研究所

10/16「CEATEC JAPAN 2018」が開催。今年の見どころは?

 Post by MML編集部

10月16日~10月19日の3日間、幕張メッセで「CEATEC JAPAN 2018―CPS/IoT Exhibition―」が開催される。CEATEC JAPANとは、「日本の成長戦略や未来を世界に向けて発信するSociety 5.0の展示会」として開催するもので、3年連続で「つながる社会、共創する未来」を開催テーマとして掲げている。

今回の展示会は600社/団体以上が参加し、未来のテクノロジーと将来のトレンドがより分かりやすいように設計されている。全体を網羅する「トータルソリューション」のエリアでは、Society 5.0を牽引する幅広いソリューションを見ることができる。

また、「電子部品/デバイス&装置」「AI/ビッグデータ/サイバーセキュリティ」「モビリティ/ロジスティクス」「スマートファクトリー」「エネルギー/スマートライフ/スマートワーク」「フィットネス/ヘルスケア」「エンターテインメント」のそれぞれのテーマエリアでは、専門性の高い最先端ソリューションが披露される。

今年も「IoTタウン2018」が登場。スペースも2倍

今年も主催者特別企画「IoTタウン2018」が展開される。今回20社/団体の参画が決定しており、スペースも昨年より2倍の大きさで展開する予定だ。SEATEC JAPAN 2017コミュニティ・イノベーション部門「グランプリ」を受賞したOrigin Wirelessも昨年に引き続き今年も参加する。IoTタウン2018の参加企業は以下の通り。

  • アンリツ株式会社
  • イオンフィナンシャルサービス株式会社
  • 株式会社Origami
  • Origin Wireless Japan株式会社
  • 国立情報学研究所(NII)
  • 株式会社JTB
  • Japan Digital Design 株式会社
  • 株式会社竹中工務店
  • 凸版印刷株式会社
  • 株式会社バンダイナムコホールディングス
  • 東日本高速道路株式会社
  • 豆蔵ホールディングスグループ
  • マゼランシステムズジャパン株式会社
  • 株式会社三井住友フィナンシャルグループ
  • 三菱地所株式会社
  • 株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ
  • ライオン株式会社
  • 楽天技術研究所
  • 株式会社LIXIL
  • 株式会社ローソン

コマツ、ローソンなど多くの著名人が登壇

CEATEC JAPANのカンファレンスも昨年から大幅に変革される。このたび、CEATEC JAPAN史上初の建設機械業界の企業経営者として、コマツ 代表取締役件CEOの大橋 徹二氏が登壇される。

また、全国で14,500店舗を展開するコンビニチェーン「ローソン」より、代表取締役社長 竹増 貞信氏が登壇し、「おもてなし」を大切にしたローソン型未来のコンビニ像を発表する予定。

このほか、多くの著名人が最新の業界事例を発表する予定である。詳細は以下URLから確認して欲しい。

https://regist.ceatec.com/?act=ConferencesList&event_id=7

開催場所、入場料について

10月16日から19日の4日間、各日午前10時から17時まで開催する。入場する際は、以下URLより「CEATECアカウント」を作成し、申し込みを行う。

  • 当日登録:入場料 一般 1,000円・学生 500円(学生20名以上の団体および小学生以下は入場無料)
  • Web 事前登録者・ご案内状持参 による当日登録者:入場無料

https://regist.ceatec.com/?act=Form&event_id=7&_lang=ja